フジツボ夜話

フジツボ夜話

フジツボを知り、フジツボを愛で、そして食べる。

貝のようだが貝ではなく、幼少期はクリクリした目で泳ぎ回り、ある者はカメの甲羅の上だけを永住の地と定め、そして、東北の水産業にとって未来の目玉となる可能性も秘めている。その不思議な姿形はチャールズ・ダーウィンを虜にし、食べれば高級食材として海原雄山をも唸らせる。身近なようで、実はほとんど知られていないフジツボの魅惑の世界へようこそ。日本でも数少ないフジツボの専門家たちが八戸に集まり、「生物としての魅力」から「食品としての美味しさ」まで、一晩でフジツボを語り尽くします。

開催日 - 2017年9月30日[土曜日]
八戸ポータルミュージアム「はっち」|参加費無料|事前予約制
お申込みはこちら

講演者

倉谷 うらら

倉谷 うらら

魅惑のフジツボ豆知識・トップ20

フジツボの魅力について、自由に話してよいのであれば、朝まで語り明かしてしまいそう…でも今宵は、語り明かしたい気持ちをぐっと我慢して、明日からすぐに使える『フジツボ豆知識』を皆さまにお届けいたします。魅惑のフジツボワールドへようこそ。

海洋生物研究家。英ウェールズ大学バンガー校卒。日本付着生物学会会員(運営委員)。海の無脊椎生物(背骨を持たない生き物)、特にフジツボやカイメン、コケムシなど「固着して生きる海洋生物」に果てしない魅力を感じる。岩波科学ライブラリー「フジツボ 魅惑の足まねき」著者。

加戸 隆介

加戸 隆介

東北におけるミネフジツボの生態

ミネフジツボは日本の寒流域に多く生息していますが、その生態はあまり知られていないのが現状です。今回は、これまで調査を行ってきた陸奥湾や大船渡湾でのミネフジツボの生活史(繁殖、付着時期、成長)を紹介します。

1982年、東京大学大学院農学系研究科水産学専門課程博士課程修了(農学博士)。北里大学海洋生命科学部教授を2017年に定年退官し、現在は北里大学名誉教授。フジツボ類の分布、生態、幼生形態、防除・有効利用を中心に研究を行い、最近は外来フジツボについて調査研究中。

山田 秀俊

山田 秀俊

健康食材としてのミネフジツボ〜ミネフジツボの健康増進パワー!〜

イサダ(ツノナシオキアミ)から肥満を抑制する成分「8-ヒドロキシエイコサペンタエン酸(8-HEPE)」が発見されたように、三陸の海の無脊椎動物には、食べた人を健康にする力が秘められています。美味しいだけでは終わらない、ミネフジツボの魅力的な健康増進効果をご紹介します。

2008年、鳥取大学大学院医学系研究科博士後期課程修了(機能再生科学博士)、東北大学大学院医学系研究科を経て、2009年より岩手生物工学研究センターに所属。2017年、イサダに関する研究で若手農林水産研究者表彰・農林水産技術会議会長賞を受賞。フジツボに将来性を感じ、八戸学院とのフジツボ研究プロジェクトに参画。

鶴見 浩一郎

鶴見 浩一郎

フジツボ養殖技術の現在〜ここまで来た養殖技術と高級食材ビジネス・モデル〜

数々の食通を唸らせた高級食材ミネフジツボは、いつのまにか数を減らし、今では幻の食材となってしまいました。フジツボの生産・流通・利用状況の現在と問題点を整理し、東北を代表する高級水産物として根付かせるための技術開発の到達点とその将来展望をお話します。

1981年北海道大学水産学部水産化学科卒。化学メーカーで船底防汚塗料、漁網防汚剤の研究開発に従事。科学技術振興機構伏谷着生機構プロジェクトに研究員として出向後、2012年より愛媛大学南予水産研究センター准教授、2017年より八戸学院大学ビジネス学部特任教授。完全剥離フジツボによる地場名産品ビジネスを目指す。

参加申し込み方法

9月24日(土)までに本サイトにおいて事前予約が必要です。
参加者上限(60名)に達した段階で〆切りますのでお早めにお申し込みください。
参加予約のない方はご入場できません。

ご注意
  • ミネフジツボの試食を提供予定ですが、天候等の理由で提供できない場合がありますので、予めご了承ください。
  • フジツボはエビ・カニの仲間の甲殻類に属します。
    エビ・カニに対するアレルギー症状をお持ちの方はフジツボの試食はご遠慮ください。
  • 希望者には、フジツボにぴったりのお酒をご用意しています(有料)。
    お車でお越しの方には提供できかねますので、希望される方は、必ず公共交通機関をご利用ください。

申込みフォーム

フォームを入力の上送信をお願い致します。※印は必須項目となります。

氏名
メールアドレス
電話番号
住所
所属
フジツボ試食にてお酒の提供(有料)
過去、エビ・カニに対するアレルギーを発症したこと
フジツボはエビ・カニと同じ甲殻類に属しますので、エビ・カニに対するアレルギーを過去発症されたことのある方には、フジツボ試食をご遠慮いただきますので予めご了承下さい。
『フジツボ夜話』で聞きたいことがありましたら、ご自由にご記入ください。(500文字まで)

アクセス

八戸ポータルミュージアム Hacchi

八戸ポータルミュージアム
はっちシアター1(1階)

〒031-0032
青森県八戸市三日町11-1
TEL:0178-22-8228
http://hacchi.jp

  • バス:八戸駅東口から八戸市中心街方面行き約25分
    「八戸中心街ターミナル(八日町)」下車すぐ
  • 鉄道:八戸駅からJR八戸線「本八戸駅」下車徒歩約10分
  • 車:八戸駅から車で約20分
  • 航空機:三沢空港から八戸市内シャトルバス約55分
  • フェリー:八戸港フェリーターミナルから車約15分

公開講座内容のお問い合わせ

八戸学院地域連携研究センター

〒031-8588 青森県八戸市美保野13-98
TEL:0178-25-2789
www.taberu-fujitsubo.com

後援

八戸市(予定)
青森県(予定)
公益財団法人青森県栽培漁業振興協会

支援

あおもり元気企業チャレンジ助成事業
(公益財団法人21あおもり産業総合支援センター)